王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

王仁文庫 総目次 兼 初出一覧表

総目次は移動しました。(2015/6/18)
王仁DB
スマホ・タブレット対応
下にあるコンテンツはそのうち消滅します。

上の新しいサイトでごらん下さい。
  • この一覧表は『王仁文庫』全10冊(大正9年6月から10年10月にかけて出版)に収録されている王仁三郎の著述が『神霊界』の第何号に掲載されているかをまとめたものである。総目次としての役も兼ねている。
  • 『王仁文庫』はみいづ舎の復刻版を用いた。
  • 『神霊界』は八幡書店の復刻版を用いた。
  • 下の表をタブ区切りのテキストファイルにしたデータ → wanibunko-data-20040323.txt (約2KB)
  • 第十篇『◎の意義』の「◎」は「ス」を現わす記号で厳密には内側の小さい丸が黒丸になっている。
  • 第十篇『神躰詩』の「躰」は「体」の異体字。
第一篇 皇道我観皇道我観大正8年4月1日号〜6月15日号に連載。
第二篇 国教論集国教樹立論大正7年3月号〜5月1日号に連載。
信仰の堕落大正6年2日号に掲載。
皇国伝来の神法大正7年5月1日号に掲載。
太古の神の因縁大正7年2月号に掲載。
第三篇 瑞能神歌大本神歌大正6年12月1日執筆。大正7年2月号に掲載。
いろは歌 其の一大正6年11月3日執筆。大正6年12月号と7年1月号に掲載。
いろは歌 其の二明治36年9月10日執筆。大正6年11月号に掲載。
第四篇 記紀真解古事記の一節大正9年8月24日の亀岡大道場での講演録。大正9年9月1日号に掲載(原題『古事記言霊解(一)』)。
日本書紀の一節大正9年9月17日の五六七殿での講演録。大正9年10月1日号に掲載(原題『日本書紀の一節と大正日日新聞に就て』)。
守護神の奉斎大正9年9月11日号に掲載。
第五篇 道の大原道の大原大正8年10月1日号に掲載した『綱領』(大正9年8月21日号に再掲)と、10月1日号と10月11日号に掲載した『道の大原解説』(大正9年9月23日の五六七殿での講演録)とを合わせたもの。
第六篇 玉の礎玉の礎大正9年6月11日号〜8月11日号に連載。
第七篇 記紀真釈古事記の一節大正9年8月24日の亀岡大道場での講演録。大正9年9月11日号に掲載(原題『古事記言霊解(二)』)。
日本書紀の一節大正9年10月4日の五六七殿での講演録。大正9年10月21日号に掲載(原題『日本書紀解説』)
第八篇 八面鋒公認教と非公認教大正9年9月1日号に掲載。
宗教の害毒大正7年7月15日号に掲載。
至聖殿落成所感大正9年9月21日号に掲載。
亀山城址大正9年8月1日号に掲載。
的外れ大正9年9月21日号に掲載。
役員信徒の為に大正9年8月21日号に掲載。
厳霊瑞霊大正9年8月21日号に掲載。
進退詩大正9年7月11日号に掲載。
第九篇 道の大本裏の神諭明治38年2月24日執筆。大正9年8月11日号〜9月11日号に連載。
第十篇 五色草弥勒の世大正9年9月21日号に掲載。
◎の意義大正9年8月1日号に掲載(原題『皇道大意』の一部)。
三種の神器大正9年8月1日号に掲載(原題『皇道大意』の一部)。
大正9年8月1日号に掲載(原題『皇道大意』の一部)。
神躰詩大正9年7月1日号に掲載。
プリンタ用画面
作成:2009-3-25 11:12:16   更新:2015-6-18 0:33:02   閲覧数:3227
王仁三郎ドット・ジェイピー