王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

大本神諭 総目次 HTML版

総目次は移動しました。(2015/6/18)
王仁DB
スマホ・タブレット対応
下にあるコンテンツはそのうち消滅します。

上の新しいサイトでごらん下さい。
凡例はこちらにあります

項目の並び方はテキストファイル版と同じですが項目名が若干異なります。

(一部だけ本文がテキスト化されてあります。底本は機関誌『神霊界』です。「出だしのフレーズ」からリンクを貼っています。)
123456789101112131415161718192021222324
種別年月日出だしのフレーズ神霊界七巻本霊界物語東洋文庫庶民備考
元号旧新巻頁号頁続く順序順序八幡頁順序天火順序
----至仁至愛の神の御出ましに14944101111---315神霊界137号に再掲
4122大国常立尊、変性男子の霊魂が出口の神と現はれて、三千世界の1113452502111224710195020--
6123大国常立尊が、明治二十五年から地王の手で11164528131243---1557559-
251-三ぜん世界一度に開く梅の花、112946104128420689131--
629日本の国には、世の根本の大昔から、113246405139525714216022--
26---お照しは一体、七王も八王も117347106156620691282--
5118あまり此世に大きな運否があるから、117447207161724712205621--
33610艮の金神、国武比古尊と現はれて、出口の手で1176474081718---977五巻本、七巻本では旧暦。
5118大本の神の教の通りの誠の1177475091749---12256-火の巻p153と同じ
5118大本の神の教の通りの誠の修業の11774750101749---1537358天の巻p122と同じ
3538三千世界の神界と現界との117847601117810---9747--
35311艮の金神表に現はれて、是からは117947701218311---9848--
35314今まで世に出て御座つた神さんが、118047801318712---392018-
2555水晶魂を選り抜いて、122148101418813---7324--
3613今度お役に立てるのは、122148101519014---2911--
37810天も地も世界中一つに丸め、12214810161911522703143515--
32---艮の金神が出口直の手を借りて、122248201719216216935186--
26712艮の金神、出口直の手を借りて、122348301819717---7425--
3155今の世界の人民は、服装ばかりを1224484019110218216967145-三五神諭では明治33年になっている
5123艮の金神、国常立尊、変性男子の御魂、出口直の1226486020111119---12457--
29122昔の初りと申すものは、1229489021112120206924124-史料集成には明治30/1/16と記してあるが旧暦だと12/14になる。明治29/1/16が旧暦12/2なので間違いの可能性がある。
3271龍門の宝を艮の金神が12304810022112421216946207--
3917大国常立尊、変性男子の霊魂が、大出口の神と12324812123113122---1065241-
41126大国常立尊が、三千世界の上中下と126949102411362324708184719--
3711大国常立尊が表に現はれて日の出の守護となるから、127149302511452423706174418--
1819大国常立尊が天晴表面になりて守護にかかると、127349502611522523705164017--
3917大国常立尊が変性男子の身魂と一つになりて、1275497027116226---1025140-
639天地の御恩の解りた身魂が無い故に、12784910028117327---1577659-
35711永らく筆先に出して知らして1279491102911762822699102610--
35716艮の金神が現はれて、二度目の世の12804912030118229---472620-
3635艮の金神、大国常立尊、変性男子の御魂が12814913031118430---492921-
3783艮の金神、国常立尊、出口直の手を借りて、12824914032118931---10149--
2713艮の金神の筆先で在るぞよ。12844916033119632206923103--
6312ミロク様が天の御先祖であるぞよ。12844916034120033---12858--
666七月十二日は王仁の生れた結構な日柄であるぞよ。12844916035120134---1727964「瑞の御魂」と名前が付いている
37712今の大本の役員信者は、1287491903612093522701133214--
33730艮の金神、国武彦命と現れて、1317501037121636---9444--
3437元伊勢のうぶだらひと1317501038121937216978238--
3463斯世の行く先の解るのは、1318502039122238226989249--
37110艮の金神、稚日女岐美命が、131950304012243922701123113--
37211天の規則は我子が破るし、1319503041122740---724029-
38416艮の金神、国常立尊、出口の守と現れて、132050404212324123703153616--
51121綾部の大本は、世界の大元と成る大望な処であるから、1323507043124042---1557458-
3664艮の金神、稚姫岐美命が出口の守と現はれて、1323507044124243---523122-
5723天照皇大神様の御出ましに成るに就いては、13285012045126144---1507257-
523大国常立尊変性男子の霊魂が現はれて、三千世界の守護に掛るぞよ。13305014046231--------
656大国常立尊、変性男子の霊魂も、変性女子の霊魂も、133350170472162---1637861-
36713露国から始まりて、大戦争が13395023048239322700112912--
36119艮の金神、変性男子の身魂が現れて、神政成就の134050240492434---673427-
6426大国常立尊が表面になりて守護致す世が、134150250502475---1587760-
3641艮の金神、変性男子の霊魂が、134450280512596---513022厳密には「朔日」になっている
4116大国常立尊が世界へ現はれて、三千世界の三段に13655110522627---1376852-
3524大国常立尊、変性男子の御魂が大出口の大守と13675130532708---974938-
4611大国常立尊、変性男子の身魂が世界へ天晴13685140542769---1225947-
4611大国常立尊、変性男子の身魂が全部表へ137051605528410---11955--
4613根本の天と地との先祖の大神が、仏界に137151705628911--------
1105大国常立尊、変性男子の御魂が出口の守と顕はれて、世界の守護13755111057210412---854734-
2911……二度目の世の立替の来るのを、13815117058212813---954837-
3919……日本の人民皆揃ふて、大和魂になりて呉れたら、13835119059213614---1085342-
3714……三千世界の引ツくりかへりて居るのを、13855121060214315---1005039-
174大国常立尊、変性男子の御魂が、大出口の13875123061214916---11354--
4715大国常立尊、変性男子の身魂が現はれて、13905126062216417---1296549-
4830大国常立尊が、末代の事を直の手で13915127063216818---1316650-
5514昔の根本の初りのミロク様が、此の世の御先祖様であるぞよ。1413521064217319---1437154-
4828大国常立尊、変性男子の身魂が大出口の守と1417525065219120---1336751-
3381艮の金神、国武彦命の筆先、出口の手で1420528066220221---1087厳密には「朔日」になっている
3382昔から世界の事が、是だけ細く14225210067220822---181110-
3381艮の金神が出口の手を借りて、何事も14235211068221523---1398-
3384艮の金神、国武彦命と現はれて、出口の手で一寸14255213069222224---201211-
3382出口の因縁は中々六ケ敷なれど、14275215070222925---15109-
3385金神の世になれば物事は迅いぞよ。14285216071223526---231312-
3485艮の金神は、出口が開いて下さるなり。14295217072223927---361816-
3486出口に五十日の間続いて、14295217073224328---371917-
311130艮の金神、変性男子の霊魂が、スツクリ14315219074224729---636-
3775艮の金神、稚姫岐美命、変性男子の身魂が14325220075225230---734130-
31827艮の金神が出口直に書かした筆先であるぞよ。1453531076331---7626--
31930艮の金神が表へ現はれたなれば、1453531077352---7627--
31115艮の金神の御用聞かせるのは、1454532078383---7828--
311226出口直に明治廿五年に申してある事、14575350793194---8229--
32118この筆先はお直の手を藉りて、14585360803235---8430--
32422足立殿に任して置いては、14595370813306---8732--
32412艮の金神の筆先で在るぞよ。明治三十二年の四月十二日の筆先で14615390823327--------
3263艮の金神の筆先で在るぞよ。146253100833348---8833--
3269艮の金神が表面に成りたならば、146253100843369---8934--
32610直の御世継は末子のお澄殿であるぞよ。1462531008533710---8935--
32620今度御用に立てるのは、水晶魂の1462531008633811---9037--
3273出口直と清吉殿を地に致して、1463531108733912---9139--
32618四方平蔵どの、大望な御世話をして1463531108834013---9036--
32623永らくの間エライ目をさしたが、1463531108934214---9138--
3279上田殿は御苦労であれども、1464531209034415---9240--
32729上谷は結構であるぞよ。1464531209134516---9241--
321217国武彦命の筆先で在るぞよ。1465531309234817---9342--
321229亀岡の事、今言うてやりたいなれど、1465531309334918---857-
33115国武彦命を表へ出して下さりたのは1465531309435119---9443--
3223上田、春三、澄子、いま出されんと申すのは、1466531409535320---847-
3223此の金明霊学は世の審判を致す所であるから、1466531409635321---8631--
3331上田海潮の行状、エライ心配を皆が1467531509735722---967-
3386今度沓島へ連れ参りたのは、1467531509835723---9646--
3386今の人民は余り近慾なから、1468531609935824---9545--
3396艮の金神、国武彦命と現はれて、出口の手で書きおくぞよ。明治三十三年の1505541010036025---321615-
36816是までの世は魔法の世で、悪神悪人の1506542010136626---663327-
361229綾部の大本は錦の機の1506542010236727---693528-
37111沓島冠島の荒海を、舞鶴さして海の上、1507543010336828---693628-
36229日本の国は別として、1507543010436929---492821-
695王、天下は永うは続かんと云ふ事が、1507543010537030---1818168-
33912艮の金神国武彦命と現はれて、出口の手で書きおくぞよ。1512548010639031--------
37111艮の金神はモウ斯世へ出さん心算で、1513549010739432---693728-
37116明治卅三年から丹後の雄島へ参り、1513549010839433---703928-
37111明治廿五年に、初発に艮の金神が、15145410010939834---703828-
6930天の御先祖様が天御中主大神であるぞよ。213555011039935---1898271-
446国常立尊が艮へ押籠られて居りたから、2615610111311436---1145544-
4123天の王と地の王とで、根本から2625620112312137---1125443-
61016二度目の世の立替の艮めを制すのが、2645640113312838---1958373-
61123至仁至愛大神の御出現に成る時節が参りて、21135711114314039---2008474-
7112三千世界一度に開く梅の花、2185587011532004025715226323-火の巻p223と一つの神諭として神霊界に掲載、七巻本3p214
7112至仁至愛神の御出ましに成る時節が参りたぞよ。21855871116320040---2238583天の巻p63と一つの神諭として神霊界に掲載
3668艮の金神、変性男子の御魂が顕はれて世界の守護を22656030117323741---603225-
7123艮の金神、国常立尊が、変性男子の身魂の出口直の22696070118325442---12959--
7226天照皇大神様が天の御先祖様であるなれど、23096130119431---2328786-
33810艮の金神、国武彦命と現はれて、出口の手で書きおくぞよ。艮の金神は2409631101204102---251412-
33811この筆先は、毛筋も違はん事を書して置くぞよ。2411631311214193---281514-
7226二度目の世の立替は骨が折れると申して244564701224284-------続き
3543艮の金神が出口の神と現はれて、二度目の世の244664801234305---392118-
468大出口直の身魂は、因縁のある身魂であるから、318970301244416---1205846-
4513天の御三体の大神様が、これ迄は仏事の世に319070401254487---1185745-
331213昔の神の世は結構でありたなれど、319270601264538---341716-
3571何事も時節が参りて、坤の金神の我を折りて、319370701274589---432219-
35711因縁のある身魂を引寄して御用に使ふと申して3193707012845910---442319-
35712親の運は児に在るといふ事が3194708012946311---452420-
35716明治三十年には立替を致すと申して、3194708013046312---462520-
35725日本の国が獣類の世に成りて仕舞うて、3195709013146713---482721-
4612天の御三体の大神様が御手伝といふやうな、31967010013246914---1256048-
4615今度の立替は、末代に一度ほか無いといふやうな31967010013347115---1266148-
4620何なりとも、それぞれの行といふ事を致さんと、3221713013447316---1276249-
4622綾部の大本は、初発から何んな鑑も出て居る3221713013547617---1286349-
4628従来の心で、従来の遣り方である守護神でありたら、3222714013647818---1296449-
454明治二十五年から、口と手とで知らしてある実地の事件が、3222714013747819---1175645-
4168艮の金神、国常立尊、変性男子の身魂が3223715013848020---10751--
41613艮の金神、国常立尊の御魂が、半分の御霊を女に変化て、3224716013948721---774331-
41615従来の世は行方が違ふて居りたといふものは、3225717014049022---784431-
411010力量のある元の神は、3226718014149323---10952--
411018世に落ちて居りた元の活神が、揃ふて守護致すから、3227719014249624--------
411015今度二度目の世の立替は、変性男子が天晴現はれて3227719114349925---11153-火の巻p82の神諭と同じだがこちらは後半部がない。
411015今度二度目の世の立替は、変性男子が天晴現はれて3227719114449925---824632天の巻p111と同じ。
40711艮の金神、国常立尊が現はれて守護致すには、32557240145410826---10450--
536体主霊従の行方は、前後に手が廻して無いから、32567250146411327---1406953-
6822何彼の事が迫りて来て、お筆先で出して居る通りに、32577260147411628---1758066-
5323大峠と成りた折に、助かるやうに身魂を磨いて326172100148413229---1417054-
7315天の御先祖様が、この世には何うでも宜いといふやうな32917330149413530---2358887-
41814余り慢心取違をして居ると、33277430150416631---794532-
7113守護神、人民に最う一つ気を附けて置くぞよ。33287440151417232---2298685-
40826此曇りた世を水晶の世に33307460152418033---764230-
4387艮の金神、国常立尊、出口の神と天晴れ世界へ33577530153418334---2689299直の昇天後に拝読を許された
43910艮の金神、国常立尊、変性男子の身魂が、世界の艮を刺さねば、33597550154419135---27193100直の昇天後に拝読を許された
43928艮の金神、国常立尊と稚姫岐美命の御魂が一つになりて、33617570155419736---27494101直の昇天後に拝読を許された
43415艮の金神、国常立尊は、天に坐ます33637591156420337---2579095直の昇天後に拝読を許された
43418艮の金神は、地球の元を創造した変性男子の身魂であるから、33997640157421438---2619197直の昇天後に拝読を許された
71029艮の金神、国常立尊が、明治二十五年から永らく出口直の34037680158------2478992直の昇天後に王仁三郎が書いた
401016艮の金神国常立尊が表はれて守護いたさんと、4557810159423139--------
33813艮の金神の筆先であるぞよ。出口の手で書きおくぞよ。4577830160424240--------
31716艮の金神が、出口直に書かした筆先であるぞよ。4607861161531--------
3317国武彦命の筆先であるぞよ。出口直にかかした此の筆先は410379501625302--------
3271出口直は、今まで世に落ちて御出で成された神々様、守護神殿や410679801635443--------
32919艮の金神の筆先、出口直に書かすぞよ。415180-01645454-------神霊界には「続き」と書いてあるが実際には続きではない。誤字か?
42106艮の金神国常立尊変性男子の御魂が現はれて、三千世界の改造を434184101655615--------
421029艮の金神国常立之尊変性男子の身魂がスックリ現はれて434284201665686--------
3665艮の金神稚姫岐美の命が、出口の神と現はれるのは444586101675767--------
3667艮の金神変性男子の御魂、出口の神と現はれて、世界に出現ることを444786301685838--------
3611艮の金神稚姫岐美命が、出口の神と現はれる時節が参りたぞよ。445186701695989--------
3613善と悪とを立て別けて、極美極徳を発揮すは、44528680170510410--------
3615艮の金神稚日女君命の御魂が、出口の神と出現れる世が445486100171511011--------
3651燈火の消ゆる世の中今なるぞ、差し添へ致す種ぞ598710172511712--------
3658艮の金神変性男子の身魂が現はれて、二度目の世の立替へ、岩戸開きを5108720173512013--------
3619艮の金神変性男子の身魂が現はれて、二度目の世の立替へに掛かるぞよ。5118730174512414--------
3656艮の金神変性男子の身魂が現はれて、二度目の世の立替への守護にかかると、5118730175512715--------
36511永き世に、世に落ちぶれて淋しきぞ、後を見返す夢なるぞよ。5148760176513716--------
36518変性男子は、世界が斯ういう事に成る、世界の人民は5148760177513917--------
36519是迄の世は悪の世で、悪と申すのは、世が覆りて居る故に、5158770178514118--------
36130昔の元の神が表に現はれて、世界の霊魂の立替へを致すには、5168780179514719--------
34224艮の金神国武彦命と現はれて、出口の手で書き置くぞよ。52087120180516320--------
34119人の心を直す為、此の世のエンマが出て来たぞよ。52387150181517421--------
3411-光華明彩の世を造り出す、今度の二度目の世の立替へは、52487160182517722--------
3385艮の金神の筆先は、世界の事を、何も彼も皆5618810183518023--------
3386艮の金神の筆先、末代名の残る筆先であるぞよ。5628820184518524--------
3388艮の金神国武彦命と現はれて、出口の手で書き置くぞよ。がいこくは、けものの世で5648840185519225--------
321-明治二十五年に出口直に申し置きたが、神は元は一株で在るから、5658850186519726--------
322-出口直の御子八人を、名の有る御方に致して御礼申すぞよ。5668860187520327--------
323-世の立替へに付いて、日本の国には色々と、天地から不思議を見せるから、5688880188521128--------
324-世の立替へについて、何も世界の事々物々が改革るから、天から何も不思議が57188110189521929--------
326-上田喜三郎殿、よう大望な御用を仕て下さりたぞよ。57188110190522330--------
327-出口直には、世に落ちて御居でなされた神様や、57288120191522631--------
328-禁闕要の大神は、昔の神代には結構な神と、直接の親様に57588150192523532--------
30--有り難や、神の出来が致したぞよ。51138910193524333-------五巻本に収録されているのはほんの一部だけ。
366-変性男子の御役は、此の世一切の事を書き置かせるので在るから、51178950194525934--------
36523艮の金神が表はれるから、永らくの経綸の出来が致したから、51208980195631--------
36523日本の国は日本で建てて、がいこくとは立て別けて在りたなれど、51218990196682--------
39122艮の金神国常立尊の性来が二つに分かれて、地の底へ落ちて居りた5128891601976193--------
41424艮の金神が元の国常立尊と現はれて、世界の守護致すには、5128891601986214--------
3561艮の金神出口の神と現はれて守護を致すから、是迄の調子には行かんから、516590101996225--------
3563艮の金神の経綸は、他に判る所は何処にも無いぞよ。516690202006286--------
3568艮の金神出口の神と現はれて守護にかかるから、何彼の事が大変激烈く成りて、516790302016337--------
35610艮の金神出口の神と現はれて、二度目の世の立替へに掛かるから、天の様子も516990502026398--------
35614神の守護と申すものは、人民からはチットも判らねど、此の大本の日々の守護517190702036459--------
35616我の我力で行ろうと思うても、出来んやうに仕て在るから、5171907020464710--------
35620世を立替へて、先の判る世に致すぞよ。前途はドウ云ふ事に成る、5173909020565411--------
3538世の立替へは、成る丈早く致して、神も仏事も人民も、5221911020665612--------
353-是から艮の金神が守護を致すと、何彼の事が激しく成るぞよ。5222912020766213--------
35312艮の金神が、出口の神と現はれて守護を致すから、是からは此の中は、5224914020866814--------
6225永らくの間、陰伏の守護で在りたなれど、陰の守護では5227917020967315--------
6222永い経綸の現はれる時節が参りて来たから、52309110021068416--------
31327艮の金神が、出口直に書かした筆先であるぞよ。綾部の広間は、5413953021168717--------
3144艮の金神、出口直に書かしたのであるぞよ。此の日本の国は神国であるから、5416956021269918--------
33520艮の金神国武彦命が出口の筆を借りて、何も前ツに知らせ置くぞよ。54179570213610219--------
33820艮の金神国武彦命が、明治三十三年の八月二十日の筆先であるぞよ。地場が出来たら、54199590214610920--------
449大国常立尊変性男子の身魂、出口の神と顕現れて、三千世界の三段に別けて有る54419630215612321--------
4414大国常立尊変性男子の身魂が、出口の神と顕現れて世界の守護致すと、是迄の如うな54439650216613022--------
585五六七様が永らくの間、仏事の御守護で御座でましたが、天では弥勒菩薩と、54449660217613823-------神霊界には「続き」と書いてあるが同じ年月日の筆は他にはない
4712大国常立尊が天晴表面に成りて、天からは御三体の大神様が、54479690218614724--------
5518太初の根本からの事を、説いて聞かさねば成らぬ時節が545196130219616425--------
5102大国常立尊が大出口直の手で、世の変はり目の境界の峠と成る545696180220618126--------
6122是迄の世は悪の世で、世に出て居れる方の霊が皆、俺が上位、身魂が高いと思うて、546096222221619727-------98号に続きが載っている
30116三千世界が一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。禁闕要大神様は縁結びの御神様、54979880222622228--------
33816艮の金神国武彦命と顕現れて、出口の手で書き置くぞよ。筆先、霊学腹に入りたなれば、550098110223623029--------
3388艮の金神国武彦命と顕現れて、出口の手で書き置くぞよ。此の経綸は石橋架けて、アチラへ飛びコチラへ飛び、550198120224623630--------
3384艮の金神の筆先、国武彦命と顕現れて、出口に太古からの因縁、落ちて居りた神の因縁を書かすぞよ。550398140225624231--------
331211今の世は、金輪際の悪人の世、世を立替へて、霊主体従の世に為るぞよ。550598160226624732--------
34123太古から松の世の来るを待ち兼ねたが、松の世になりて、550798180227731--------
34116艮の金神国武彦命と顕現れて、出口の手で書き置くぞよ。出口、十年あとから55259930228782--------
34916行けば行くほど薮の中、世を立替へて広き世にするぞよ。552799502297153--------
34917沓島冠島の荒海を、竜宮さまの御守護で、松の心で勇み行く。552799502307154--------
34918此の世浮世浮島、表面飾る世で552799502317165--------
3113此の世の立替へは、なかなかたいもうであるぞよ。552799502327166--------
3491艮の金神国武彦命と顕現れて、出口の手で書き置くぞよ。艮の金神の道は、今では皆が552999702337217--------
5328大国常立尊変性男子の御魂が、大出口の大神と顕現れて、世界の身魂の洗濯を553199902347258--------
528ミロク様の御教示を、地の先祖の大国常立尊が出口直の口と手とで、5535991302357409--------
595古き世の根本の、ミロク様の教へを致さな成らん世が55389916023674810--------
138大国常立尊変性男子の御魂が出口の大神と現はれて、申して在る通り世界の実地を致して、55429920123776211--------
1730大国常立尊変性男子の御魂が出口の神と現はれて、三千世界の事、何彼の此の世一切の事を、55531005023877912--------
29526綾部のお広間は、橋架けであるぞよ。モウ結構が判るぞよ。55551007023978613--------
29823今の世は、世界に角が立ちて居るぞよ。世を替へて、55561008024078814--------
3187宵の明星が、東へまわりなされたならば、55571009024179015--------
361114艮の金神若姫岐美命、出口の守と変性男子の身魂が表現れて、五六七の神政の555810010024279216--------
361010艮の金神若姫岐美命、変性男子の身魂が顕現れると、世界には異うた事変が555910011024379617--------
36827此の大本の御用致す人は、初発から松心で無いと、此の大本の御用は5560100120244710018--------
36830艮の金神若姫岐美命、出口の加美が顕現れると、世界が何彼の出来事が5561100130245710219--------
36822此の時代が到来るのは、艮の金神は充分知りて居りての、5563100150246710820--------
36615艮の金神稚姫岐美命変性男子の身魂が顕はれて、何彼の経綸、世界にある事変を、5564100160247711021--------
36101艮の金神稚姫岐美命変性男子の身魂が顕現れると、太古からの経過真相が判りて来て、5575100270248711722--------
36614艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれて、世界にある事変を、5576100280249712023--------
36101艮の金神若姫岐美命変性男子の身魂が、顕現れる機運が循環て来たから、6910130250712624--------
33823神界に大変御急きなさるから、世の立替へが思惑とは速くなりて、61010140251713025--------
36822綾部の大本の本部に這入りて、御神徳を貰はうと思ふと、61110150252713326--------
599五六七神様の霊は皆上島へ落ちて居られて、未申の金神どの、61310170253713827--------
36615艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕現れるは、変性男子の身魂が顕現れて、二度目の世の立替へを64510230254714028--------
36612艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕現れるは、変性男子の身魂が顕現れると、是迄の如うな遣り方では64610240255714729--------
5314大国常立尊変性男子の御魂が大出口之神と顕現れて、三千世界の身魂の64810260256715330--------
523是迄は、天地の大神が仏神と成りて、此の世には無い神と為られて居りて、65010280257716031--------
5317何彼の時節が参りて来て、世界は何彼の事が混雑に成るといふ事が、65110290258716632--------
5518大本へ不足の在る守護神は、皆何なりと、653102110259717233--------
5521十全無欠の世に立替へるのには、モチと何彼の事が655102130260717834--------
5610大国常立尊変性男子、大出口の神と現はれて、世界中の守護致すに付いては、656102140261718235--------
3347此の筆先は、神と仏事との世の立替への筆先じゃぞよ。68510330262719636--------
3136世界の人民よ、改心さえ致したなれば、艮の金神は、611310470263720437--------
31324神は別け隔ては致さぬぞよ。皆一様に守護るのじゃぞよ。611410480264720838-------五巻本では閏三月
31416艮の金神の筆先であるぞよ。三千世界を世替へと致すぞよ。更新りての世に致すぞよ。611510490265721039--------
33818このしぐみは、しんぱいが、うれしうなるしぐみざぞよ。6165105150266-----------
36320これはこゆことに、いたそとおもうて、たくみは、6166105160267-----------
37722まことをつらぬくのは、ひととうりでは、つらぬけん、6167105170268-----------
3778なにごとも、ひとつのみちを、つらぬきて、6168105180269-----------
5911にほんのくには、たれもようせん、しぐみがしてありて、6168105180270-----------
37415おうもとの、さしそへの、たねになろをと、6168105180271-----------
361129うしとらのこんじん、へんじようなんしのみたまが、あらはれると6169105190272-----------
36123うしとらのこんじん、へんじようなんしのみたまが、あらはれて6170105200273-----------
291216あやべみやこにいたして、こんじんのおみやをたてるぞよ。6172105220274-----------
36626このあやべの、おほもとは、わけのわかりたひとや、618510630275-----------
36822でぐちなをには、おゆめにも、まことのことがみせてあるぞよ。618710650276-----------
33816このうしとらのこんじんは、いままではわるくいはれたかみで618810660277-----------
4719うへからみれば、きぬこそでに、まかれて、618810660278-----------
36327うしとらのこんじん、わかひめぎみのみこと、621310730279-----------
36810いちどにひらくうめのはな、うしとらのこんじん、621510750280-----------
33819このうしとらのこんじんは、いままでは、わるくいはれたかみで621710770281-----------
33723うしとらのこんじん、くにたけひこのみことと、あらはれて、621710770282-----------
3372うしとらのこんじん、くにたけひこのみことと、あらはれて、6220107100283-----------
35421五がつみずほと、こひこがれたが、624510830284-----------
37723みたまさへみがいておくと、なにがあろうと、624510830285-----------
35915うしとらのこんじん、でぐちのかみとあらはれて、624510830286-----------
361227さんぜんねんあまりて、このしぐみは、にほんのくには、624810860287-----------
33726うしとらのこんじんくにたけひこのふでさき、でぐちのてでかかすぞよ。624810860288-----------
33717このふでさきは、まんごまつだい、なののこることざぞよ。624910870289-----------
33720まつぽうのよは、あくじんのはばるよでありたぞよ。625110890290-----------
3373これからはしゆごじんにゆひきかすから、6252108100291-----------
30627んめはにほひ、さくらはいろ、6252108100292-----------
35925うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、にどめのよのたてかへの、628110930293-----------
36613どこのいへのうちでも、はりといととになりていけば、628410960294-----------
34920つきのよにあらしのおとのさむしさよ。628410960295-----------
41520ながらくせかいのことをしらしたが、ふでさきどほりのよが628410960296-----------
341216ともしびの、きゆるよのなか、いまなるぞ。628510970297-----------
3674われのからだに、とくをつけるのは、628510970298-----------
33414さんぜんせかい、いちどにひらくんめのはな、こんじんのよになれば、628510970299-----------
3598うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、にどめのよの628610980300-----------
36123がとうむしをみて、かいしんいたされよ。6288109100301-----------
44911これまでのよは、てんのたかさは、6288109100302-----------
4345うしとらのこんじんがよにあらはれるのは、6289109110303-----------
3596よにおちてをりたかみが、よにあがりて6290109120304-----------
43815ふでさきどほりにしてをるひとは、こんどよにでた、6291109130305-----------
3796さんぜんせかいが、いちどにひらくんめのはな6292109140306-----------
3543よがかわればこうたのひとつも、うたふこころになるなれど、6292109140307-----------
3597こんどのよのたてかへはあまりたいもうなことであるから、631311030308-----------
351019うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、631411040309-----------
3597がいこくのをしへともうすのは、まことがなかろうがな。631611060310-----------
35912いちにちましにはたがおれてゆくのざぞよ。631711070311-----------
3692うしとらのこんじんがでぐちなをに、めいじ二十五年に631811080312-----------
36717むかしからこのよのたとえがこしらへて631811080313-----------
3675よがかわりて、てんがしたにおりて、631911090314-----------
38119うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、631911090315-----------
3797これまでのよは、こがしゆつせいたしても、6320110100316-----------
37827いまのせかいのじんみんは、よにつれられて、6320110100317-----------
36612じんみんとゆふものは、わがうちで、6320110100318-----------
35106うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、6321110110319-----------
36711あやべのおほもとは、このみだれたよを、6323110130320-----------
36717このよのおにを、おうじようさして、6323110130321-----------
3595うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、6323110130322-----------
37927へんじやうなんしのみたまともうすのは、たいしやうやくから、634511130323-----------
35928こんどこのおほしまのいへをうりてくれえともうしたおりは、634611140324-----------
35926うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、634811160325-----------
35105くろうのかたまりの、はなのさくおほもとであるから、638511230326-----------
351113このよもつのは、ひととほりのみたまでは、638711250327-----------
351015うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、638811260328-----------
351118うしとらのこんじんでぐちのかみとあらはれて、638911270329-----------
351215これまでにたびたびなにごとも、くどうきがつけてあるが、639111290330-----------
36123しんじんは、ふるいあたらしきのへだてはないぞよ。6392112100331-----------
351013このよにはかみはなきものといまのじんみんは6392112100332-----------
351221なにもじせつがまゐりたぞよ。じせつとゆふことは641311330333-----------
351219このふでさきをでぐちにかかして641511350334-----------
351230このよがくるのはしりておるから、うしとらのこんじんがはばりたので641611360335-----------
30315うしとらのこんじんはよにおちて、かげから641711370336-----------
36220うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、641911390337-----------
351025このよにでておいでるしゆごじんが、6421113110338-----------
36218うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、644511430339-----------
36221うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、644811460340-----------
36223まことのこころでまことをつらぬくせいしんでありたら、644911470341-----------
36130こころひとつでこんどのかわりめの、645111490342-----------
36126このおほもとはむかしのもとに、もどるしぐみが6452114100343-----------
3624こんどのことはとほいちかいのさべつはないぞよ。7911630344-----------
3631このしぐみはそこのなきふかいしぐみであるから、7911630345-----------
3633うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、71111650346-----------
3637あやべのおほもとは、せかいのかがみになるおほもとであるから、71211660347-----------
36310いせはつでもつ、つはいせでもつなり、71311670348-----------
36230わがからだにひがついてこんと、71511690349-----------
40118うしとらのこんじんくにとこたちのみことがあらはれて、73711730350-----------
34310あやべのおほもとはほかではわからんことがあるよつて、73811740351-----------
36118このおほもとのしぐみはなににつけても、73911750352-----------
36410よをてらすむかしのもとの、かみのひかりの74011760353-----------
351123うしとらのこんじん、でぐちのかみとあらはれて、77311830354-----------
35122なにかのことを、でぐちのてで、77411840355-----------
36117あまりこのよが、くもりてをるから、77611860356-----------
36326このおほもとの、さしそへになろとおもと、77811880357-----------
36315にほんのじんみんは、あまりがくがあると、77811880358-----------
36329うしとらのこんじん、わかひめぎみのみこと、780118100359-----------
36424おもとの、さしそへになるやくいんは、781118110360-----------
36420せかいにはふでさきどりがでてきて、782118120361-----------
36415みたまをみがくのは、てをあはして783118130362-----------
3644このおもとのしぐみわせかい十のことであるが784118140363-----------
5517てんのごせんぞさまが、みろくさまつきのおほかみさまで710911930364-----------
36314よのしまいにへんじやうなんしのみたまと、711111950365-----------
36317あやべのおほもとはよのもととなる、たいもうな711311970366-----------
36421うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、711411980367-----------
36427へんじやうなんしとによしとわがふがでけると、711511990368-----------
36430このたいもうなさんぜんせかいのよのたてかえは、7117119110369-----------
36430よをたてかへいたすについて、たんごのめしま、7118119120370----------続き
3658へんじやうなんしとによしがあらはれて、714512030371-----------
3659このでぐちへんじやうなんしのみたまは、714612040372-----------
36510こんどのおほもとのさしそへのやくいん、714712050373-----------
36513このしぐみは、ひつかけもどしのしぐみが714812060374-----------
36529このしぐみはけんとうのとれんようにいたして、714912070375-----------
36529さんぜんせかいをひとつにまるめて、しんこくの715012080376-----------
3656うしとらのこんじん、わかひめぎみのみこと、718112130377-----------
36523うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、718512170378-----------
3641にほんのじんみんよくにほうけて、このけつこうな724912330379----------別冊
3653うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、725112350380-----------
36517うしとらのこんじんわかひめきみのみこと、725312370381-----------
36519うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、725512390382-----------
36528このへんじやうなんしがあらはれると、このよでしゆごしてをれたかみは、7257123110383-----------
4524みろくさまのよにかはるおりのおんしゆるしであるぞよ。7258123120384-----------
468おほくにとこたちのみこと、へんじやうなんしのみたまが、7285124110385-----------
3643うしとらのこんじんわかひめぎみのみことでぐちのかみと7288124140386-----------
3663こんどのあやべのおほもとのしぐみは、731312530387-----------
36613いへのうちはおとこははり、おんなはいとになりて、731512550388-----------
36621いまのよは、つよいものがちのよであるから、731512550389-----------
36623うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、731612560390-----------
36625へんじやうなんしのみたまがあらはれて、731812580391-----------
3699うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、731912590392-----------
36919うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、734912630393-----------
361017このあやべのおほもとは、せかいのおほもとになるたいもうな735112650394-----------
583へんじやうなんしとへんじやうによしとのわごうがでけたら、735312670395-----------
36630うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、738512730396-----------
36920みづももらさんこのしぐみを、738612740397-----------
36925とうだいもとはまつくらがり、738612740398-----------
5118てんとちとのごおんとゆふことがわかるじんみんで738812760399-----------
5118なにかのじせつがまはりてきて、738912770400-----------
361110このよがおにとぞくとのよであるともうすのは、739012780401-----------
361117うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、739112790402-----------
361121このはうのやりかた、わるくはさうだんしあふて746112930403-----------
30829よのたてかであるから、ひと三ぶになるとこまでいくのであれども、746112930404-----------
30725うしとらのこんじんのふでさきであるぞよ。746212940405-----------
3672これまでのよのもちかたは、746312950406-----------
36107こんどのよのたてかへは、きんぎんでは746312950407-----------
361011こんなけつこう みろくのよが746412960408-----------
36121うしとらのこんじんわかひめぎみのみこと、749713030409-----------
361211おほもとのふでさきはけすじもちがひはいたさねど、749813040410-----------
5911みろくさまのおでましのおりのおんふでさきを、749813040411-----------
36616ひぐらしのなくこゑきけば750213080412-----------
3015じつとまことのしんさへとどけば750213080413-----------
361210艮の金神若姫岐美命、出口の守と現はれるは、変性男子の身魂が顕はれると、太古からのこと、8408134180414721340--------
361229艮の金神若姫岐美命変性男子の身魂が顕はれて、守護致すぞよ。日本の人民が揃ふて、8409134190415721841--------
361228艮の金神若姫岐美命、出口の守と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、世界の守護致すから、チト慮見の違う守護神、8410134200416722042--------
361225艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれると、世界には変はりた事が出来て8411134210417722443--------
36127艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、世の立替へを致すから、立替へを致したら、8412134220418722844--------
361210艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれると、世界には、是迄の行り方して居ると物事が8413134230419723145--------
36617艮の金神稚姫岐美命、出口の神と顕はれるは、変性男子の身魂、むかしから此の世の来るのは知れて居るから、928135160420723346--------
36724艮の金神稚姫岐美命、出口の加美の顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、世界にあることを、前つ前つに知らせるぞよ。929135170421723647--------
36918艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、出口の手で書きおくぞよ。何処の家でも同じこと、929135170422723848--------
361010世界の鏡と申すのは、世界が斯ういふことになりて居る、930135180423724049--------
36114艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、出口の手で書き置くぞよ。余り此の世がむごいことに化りて930135180424724150--------
3629艮の金神稚姫岐美命、出口の加美と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、出口の手で書きおくぞよ。五六七の教へを致すには、931135190425724351--------
361119艮の金神稚姫岐美命、出口の神と顕はれるは、変性男子の身魂が顕はれて、出口の手で書かしてあるが、是からは、兵隊が一番931135190426724452--------
595大国常立尊変性男子の身魂が顕はれて、大出口の手で書きおくぞよ。何彼の時節がまいりて来て、932135200427724653--------
34715艮の金神が、明治三十四年の、文月の十五日に書き置くぞよ。914013680428----------七巻本未収録
種別年月日出だしのフレーズ神霊界七巻本霊界物語東洋文庫庶民備考
元号旧新巻頁号頁続く順序順序八幡頁順序天火順序
123456789101112131415161718192021222324
プリンタ用画面
作成:2009-3-25 14:12:09   更新:2015-6-18 0:38:58   閲覧数:5517
王仁三郎ドット・ジェイピー