王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

王仁の庭

王仁の庭

 平成19年(2007)に開催されたオニサブラーの集い『王仁の庭』(おにのにわ)の活動記録です。

王仁の庭 in 湯河原温泉

開催日:平成19年(2007)2月18日(日、旧元日)/参加人数:7名
 最初の王仁の庭は私(飯塚弘明)が昔使っていたハンドルネーム「湯川原音泉」(ゆがわらおんせん)の名の発祥地である、伊豆半島の湯河原温泉で開催されました。
 東北から関西まで、7名もの方が参加。熱気に満ちた集まりになりました。
参加者ご芳名(順不同):狭依彦さん、神原さん、匿名Mさん、武田さん、セザールさん、安倍さん、湯川原さん

プチ・王仁の庭2

開催日:平成19年(2007)3月21日(春分の日、旧2月3日)/参加人数:6名
 第2回目の会合は、東京都墨田区内の飯塚宅にて開催され、6名のオニサブラーが集まりました。
 こぢんまりとした(場所が)会合だったので「プチ」と命名されました。
 二次会はインドカレーのお店に行き、夜遅くまで話に花が咲きました。

参加者ご芳名(順不同):板彦さん、春平さん、目崎さん、羊崎さん、安倍さん、湯川原さん

王仁の庭3 in 秩父

開催日:平成19年(2007)5月4日(金、みどりの日、旧3月18日)/参加人数:5名
 ゴールデンウィーク真っ最中の5月4日に埼玉県秩父市にて開催。計5名の方が参加されました。
参加者ご芳名(順不同):セザールさん(愛知県)、板彦さん(東京都)、ラパン飯塚さん(埼玉県)、安倍亮一郎さん(東京都)、湯川原音泉さん(東京都)

王仁の庭4 in 大阪

開催日:平成19年(2007)7月15日〜16日(土〜日、旧6月2日〜3日)/参加人数:19名
 4回目の王仁の庭は参加者の皆さんによる研究発表・意見発表の場として企画されました。参加者全19名中、12名の方に講演をしていただき、密度の濃い集まりとなりました。
参加者ご芳名(順不同):安倍さん、尾崎さん、神原さん、川合さん、GUCCIさん、栗田さん、狭依彦さん、春平さん、セザールさん、タケシさん、武田さん、登美野さん、中森さん、埴安の景さん、播磨六郎さん、もっつき庵さん、森さん、吉田さん、湯川原さん

王仁の庭5 in 台湾

開催日:平成19年(2007)10月19日〜22日(金〜月、旧9月9日〜12日)/参加人数:9名
 『王仁の庭』5回目は海外研修会として台湾へ行って来ました。
 王仁三郎が「高砂島(南米)の胞衣」と呼び、また霊界物語第28巻の舞台になっている台湾。
 9人が参加した3泊4日のスリリングな旅をレポートします。
【主な見どころ】

台湾三五教の本拠地・玉藻山の聖場に参拝
霊界物語第28巻で「玉藻湖」(たまもこ)と呼ばれている台湾最大の湖・日月潭(じつげつたん)。そこに浮かぶ小さな島「竜の島」(たつのしま)は台湾島の三五教の教主・真道彦命の息子・日楯と月鉾の兄弟が、言依別と国依別の宣伝使から琉と球の玉を授かった聖なる島である。その島に上陸して台湾島の国魂神・竜世姫命に祝詞を奏上すること──これが今回の「王仁の庭 台湾」の最初のミッションである!
幻の台湾別院を捜せ!王仁三郎の歌碑は今どこに!?
第2のミッションは、第二次大本事件で破壊された台湾別院の跡地を捜し出し、王仁三郎の歌碑(憧憬歌碑)を見つけること──。台北市郊外の温泉保養地・陽明山(旧称・草山)に建設された台湾別院は今どうなっているのだろうか!? 日本列島を霊線でつなぎ止めた歌碑は果して現存しているのだろうか!? 王仁の庭特別調査団の行く手に次々と現われた衝撃の新事実!!
安倍亮一郎 失踪5時間の謎
第2のミッションの最中に「あべちゃん」こと安倍亮一郎が突然いなくなった!! あべちゃんのケータイは国際ローミング不可能のため連絡を取ることが出来ない! 最早置き去りにして帰るしかないだろう・・・。言葉の通じない台湾で行方不明となった安倍亮一郎が再びみんなの前に姿を現わすまでの空白の5時間に、彼の身に起きたことは!?


参加者ご芳名(順不同):安倍亮一郎さん、イタさん、いわさん、さん、春平さん、タケシさん、登美野とみの晴月せいげつさん、埴安はにやすかげさん、湯川原音泉さん

〜スペシャル〜

耀わん展・難波忠元氏に話を伺う

取材日:平成19年(2007)4月15日(旧2月28日)
 昭和63年(1988)以来、王仁三郎聖師の耀わん展を36回以上も開催しておられる難波忠元(なんば ただもと)さんに、耀わんのことや王仁三郎聖師の思い出など、お話を伺って来ました。

〜王仁の庭が生まれたワケ〜
 平成18年(2006)、安倍亮一郎と湯川原音泉という二人のオニサブラーがネットで知り合い、忘年会を開いたところから『王仁の庭』は始まりました。
 「来年は超党派の集まりを開こう」──どちらともなく言い出したこの企画。
 無所属・信徒・会員を問わず、王仁三郎が好きな人なら誰でも参加できるイベントとして誕生しました。


王仁の庭
プリンタ用画面
作成:2009-3-18 20:23:59   更新:2010-1-2 0:46:31   閲覧数:16322
王仁三郎ドット・ジェイピー