王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。 新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

風景・建造物(2)綾部・亀岡の神苑

フォトライブラリは移動しました。(2015/6/3)
王仁DB
スマホ・タブレット対応
下にあるコンテンツはそのうち消滅します。

上の新しいサイトでごらん下さい。
写真コメント出典連番
王仁三郎と松雲閣(大正10年10月、霊界物語口述開始記念)校定版03
八幡版01-7
0004
言霊閣(黄金閣)校定版05
八幡版06-4
0008
瑞祥閣(大正10年7月完成)校定版07
八幡版01-8
0012
五六七殿の中校定版11
八幡版02-5
0019
大八州神社校定版120021
綾部・教祖殿と言霊閣校定版13
八幡版02-5
0023
綾部・金竜海校定版140025
大正7年頃の大本の玄関と黒門(綾部)校定版150027
綾部・至聖殿校定版160029
亀岡・月宮殿校定版210037
綾部・金竜殿校定版230041
綾部・五六七殿校定版240043
綾部・教祖殿校定版250045
綾部・大八州神社校定版260047
上空から見た天恩郷(昭和10年12月14日撮影)民衆の宗教080
校定版32
0058
上空から見た綾部神苑(昭和10年12月14日撮影)民衆の宗教081
校定版33
0060
月宮殿の前に立つ王仁三郎(昭和3年頃撮影)著作集1-04
校定版48
八幡版04-5
0087
弁才天の神姿で月宮殿から出て来る王仁三郎校定版480088
天恩郷の濠で舟に乗る王仁三郎夫妻(昭和5年12月23日、明光丸進水式にて)校定版500092
天恩郷・光照殿(大正14年9月8日竣工)校定版52
八幡版08-5
0095
月宮殿の瑞月門校定版610112
月宮殿前庭の仁王像、奇磐窓神、豊磐窓神校定版64上0117
天恩郷・中之島の千歳庵校定版73
八幡版13-2
0142
王仁三郎と校定版筆録者(昭和8年秋、水明閣にて)校定版73
八幡版13-2
0143
瑞泉苑内の玉水殿校定版790166
綾部・錦水亭八幡版02-50233
五六七殿 右奥は至聖殿 後方の本宮山上に穹天閣と三六亭が見える(昭和10年12月撮影)民衆の宗教089
著作集1-04
八幡版02-8
0237
瑞泉苑内の玉水殿八幡版03-20238
天恩郷八幡版04-40244
亀岡駅から見た天恩郷民衆の宗教080
八幡版04-4
0245
上空から見た天恩郷(昭和10年撮影)八幡版04-40246
月宮殿民衆の宗教041
八幡版04-4
0247
改築後の奥都城(大正9年暮頃撮影)八幡版06-30267
本宮山神殿八幡版06-50272
綾部神苑の地図「大本案内図」(大正9年8月作成)八幡版07-20275
竜門館八幡版07-80289
光照殿(天恩郷内)八幡版08-40294
右奥の建物は大祥殿、左奥はみろく塔、手前は月の輪台(大正15年2月撮影)民衆の宗教037
八幡版08-5
0296
月宮殿八幡版09-20302
建設中の月宮殿民衆の宗教041
八幡版09-2
0303
写真コメント出典連番
亀岡駅から見た天恩郷(昭和2年冬〜昭和3年春頃に撮影)八幡版09-20304
亀岡・神集殿(昭和3年2月7日完成、のちの高天閣と名を変える)八幡版09-30305
高天閣の中八幡版09-30306
伊都能売観音(大正15年11月20日に月宮殿の南西に鎮祭。昭和10年撮影)八幡版09-3
まつのよ05
0307
平安観音(昭和元年12月29日に光照殿の南西に鎮祭)八幡版09-30308
光照殿八幡版09-40309
大祥殿八幡版09-40310
衝立岩(昭和9年頃撮影)八幡版09-40311
天恩郷内・明光殿(昭和3年7月)八幡版10-60344
天恩郷内・更生館(宗教博覧会の大本館そのままに建てられた)八幡版10-70345
綾部・鶴山山頂の三基の碑石八幡版11-20346
天恩郷内・透明殿(昭和10年2月7日完成)八幡版12-40369
長生殿完成予想図八幡版12-70376
長生殿建立予定地の絵図八幡版12-70377
破壊される綾部のみろく殿(昭和11年5月21日)民衆の宗教088
八幡版13-8
0391
破壊される綾部のみろく殿(昭和11年5月21日)民衆の宗教088
著作集2-04
八幡版13-8
0392
破壊される綾部のみろく殿(昭和11年5月21日)八幡版13-80393
破壊された月宮殿(昭和11年5月)民衆の宗教097
著作集2-04
八幡版13-8
0394
亀山城の天守閣民衆の宗教0060438
明治42年に大本が初めて造った神殿民衆の宗教0130441
大日本修斎会本部(明治43年4月25日)民衆の宗教0140442
元屋敷に造られた西石の宮(大正2年11月19日)民衆の宗教0180445
綾部の神苑に造営中の金竜海民衆の宗教0180446
大日本修斎会本部(大正3年9月)民衆の宗教0180448
出口直の最初の奥都城民衆の宗教0220453
右・統務閣、中央・金竜殿、左・祖霊社民衆の宗教0220454
建設中の五六七殿(大正8年8月29日)民衆の宗教0230455
黄金閣の基礎工事の風景(大正8年4月)民衆の宗教0230456
左・教祖殿、右・黄金閣民衆の宗教0250461
金竜海(大正5年3月19日)民衆の宗教0250462
官憲によって破壊された本宮山上の神殿(大正10年10月)民衆の宗教0260463
当局の命令で改築する開祖の奥都城(大正9年11月)民衆の宗教0270464
破壊される前の本宮山上の神殿(大正10年7月27日)民衆の宗教0270465
官憲により破壊される本宮山の神殿(大正10年10月)民衆の宗教0270466
破壊された本宮山の神殿の跡 神饌所だけは残った(大正10年10月)民衆の宗教0270467
大祥殿の内部民衆の宗教0370484
月宮殿の下の石垣工事の様子民衆の宗教0410489
熊本から献納され月宮殿前に安置された仁王像(昭和5年2月)民衆の宗教0490500
みろく殿の中(昭和8年8月3日、聖師聖誕祭にて)民衆の宗教0660514
綾部の幽祭室を警察は秘密の地下室があったと発表(昭和10年12月17日撮影)民衆の宗教0840527
写真コメント出典連番
教主殿の床下に保管してあった銀貨銅貨を警察は軍資金と見なした(昭和10年12月9日撮影)民衆の宗教0850530
第二次事件後の天恩郷を警戒する警察官(昭和10年12月14日撮影)民衆の宗教0870533
破壊された綾部のみろく殿 右奥は至聖殿(昭和11年5月21日)民衆の宗教0890534
祖霊社の破壊された跡(昭和11年5月22日撮影)民衆の宗教0900535
破壊される黄金閣(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0900536
破壊作業中の黄金閣(昭和11年5月22日撮影)民衆の宗教0900537
埋め立てられた金竜海(昭和11年5月23日撮影)民衆の宗教0910538
穹天閣の破壊された跡(昭和11年5月25日撮影)民衆の宗教0910539
第二次事件で破壊された黄金閣民衆の宗教0910540
穹天閣の破壊された跡(昭和11年5月25日撮影)民衆の宗教0910541
第二次事件で「直子」(開祖出口直)の文字を削り取られた四女・出口竜子の墓石(昭和11年5月撮影)民衆の宗教0920543
破壊される鶴山の宝物庫(昭和11年5月22日撮影)民衆の宗教0930544
掘り起こされたみろく殿への石段 手前の橋もその後破壊された(昭和11年5月25日撮影)民衆の宗教0930545
破壊された鶴山の神声碑、教碑、歌碑(昭和11年5月11日撮影)民衆の宗教0930546
三度暴かれた奥津城(開祖の墓)(昭和11年5月撮影)民衆の宗教0930547
破壊される透明殿(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0940548
破壊される透明殿(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0940549
破壊される透明殿(昭和11年5月28日撮影)民衆の宗教0940550
破壊される更正館(昭和11年5月撮影)民衆の宗教0950551
破壊された春陽亭 後方に銀杏の大木が見える(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0950552
破壊された明光殿(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0950553
破壊される大祥殿(昭和11年5月20日撮影)民衆の宗教0950554
破壊された月宮殿民衆の宗教0970555
取り壊される天声社の印刷工場(昭和11年5月28日)民衆の宗教0980556
破壊された光照殿の石垣と土塀(昭和11年5月20日撮影)民衆の宗教0990557
破壊される智照館(昭和11年5月21日撮影)民衆の宗教0990558
瑞声閣の破壊された跡(昭和11年5月24日撮影)民衆の宗教0990559
跡形もなく破壊された至聖殿跡に向かって祈る老婆(昭和15年12月20日撮影)民衆の宗教1060568
グランドとなった綾部神苑の跡(昭和15年12月26日撮影)民衆の宗教1060569
昭和23年1月1日から始まった金竜海の復元工事民衆の宗教1120576
亀岡の月照山に築造された月の輪台(昭和21年8月完成)民衆の宗教1120577
月山富士(昭和21年6月4日)民衆の宗教1130578
東光苑広場から望む天恩郷(昭和9年撮影)まつのよ030594
大日本修斎会本部(明治45年頃撮影。現在の榎の神木のあたり)まつのよ020605
大安石(昭和10年撮影)まつのよ050596
プリンタ用画面
作成:2009/3/26 18:19:59   更新:2015/6/20 15:37:35   閲覧数:9659
王仁三郎ドット・ジェイピー