王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。 新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

大本史料集成 総目次

総目次は移動しました。(2015/6/18)
王仁DB
スマホ・タブレット対応
下にあるコンテンツはそのうち消滅します。

上の新しいサイトでごらん下さい。
池田昭・編『大本史料集成』全3巻、三一書房

I 思想篇

001序文(池田昭)
011第一部 出口なおの思想
013 第一章 明治二十五年〜明治三十二年
089 第二章 明治三十三年〜明治三十五年
185 第三章 明治三十六年
276 第四章 明治三十七年〜明治四十五年
347 第五章 大正元年〜大正四年
396 第六章 大正五年〜大正七年
487第二部 出口王仁三郎の思想
489 第一章 明治期の神諭
489  第一節 裏の筆
489  第二節 鎮魂
490  第三節 神武天皇祭の歌脚
491  第四節 裏の神諭
499  第五節 筆のしづく
535  第六節 いろは歌
539  第七節 弥仙山
540  第八節 かぞえうた
541  第九節 たまの礎
552  第十節 道の大本
566 第二章 大正期の神諭
566  第一節 大本神歌
567  第二節 いろは神歌
574  第三節 大本神歌
587  第四節 皇道大本道歌
597  第五節 太古の神の因縁(上)
559  第六節 大本道歌
604 第三章 伊都能売神諭
663 第四章 道の栞
663  第一節 道の栞
667  第二節 道の栞 第一巻上(一)
669  第三節 道の栞 第一巻上(二)
670  第四節 道の栞 第一巻上(三)
672  第五節 道の栞 第一巻中(一)
675  第六節 道の栞 第一巻中(二)
677  第七節 道の栞 第一巻下(一)
680  第八節 道の栞 第一巻下(二)
684  第九節 道の栞 第二巻上(一)
688  第十節 道の栞 第二巻上(二)
690  第十一節 道の栞 第二巻中(一)
691  第十二節 道の栞 第二巻中(二)
695  第十三節 道の栞 第三巻上
701 第五章 直霊軍・敷島新報の諸論稿
701  皇道研究の趣意
702  蓬髪独立論
703  亡国的国民を論ず
704  三種の神器
705  神政復古
713解題(池田昭)

II 運動篇

007第一部 明治・大正期の運動
009 第一章 出口王仁三郎関係文書
009  第一節 梅能花
031  第二節 金明霊学会会則
034  第三節 大日本修斎会創立要旨
039  第四節 皇道大本学則
041  第五節 皇道大本誓約
042  第六節 綱領(抄)
048  第七節 随筆(抄)
102 第二章 浅野和三郎関係文書
102  第一節 発刊の辞
102  第二節 人間の階級
106  第三節 私は乃木常です
108  第四節 霊の発動と其目的
113  第五節 鎮魂帰神に就きて
117  第六節 大本神諭略解
130  第七節 古事記と現代の予言
137  第八節 大正維新の真相
185 第三章 幹部その他関係文書
185  第一節 一葉落ちて知る天下の秋
190  第二節 世界立替後の経済組織に就て
195  第三節 大本神諭に照らされたる世界覆滅の大陰謀
211 第四章 高芝羆文書
211  第一節 司法・内務両大臣への報告書
234  第二節 大本教其二
267第二部 昭和期の運動
269 第一章 運動の概要
269  第一節 皇道大本事務便覧
321  第二節 運動の情況(地裁上申書関係文書)
345  第三節 運動の理念
372  第四節 随感録
403  第五節 統管随筆
414  第六節 皇道維新と経綸
450  第七節 皇道我観
451  第八節 宣教宣伝使心得
466  第九節 大本基本宣伝歌
467 第二章 昭和神聖運動
467  第一節 昭和青年誌巻頭言集
486  第二節 昭和青年誌(抄)
718  第三節 昭和神聖会発会式に於ける挨拶
719  第四節 神聖誌(抄)
819  第五節 総本部日記
872  第六節 愛善陸稲耕作法(抄)
879  第七節 天皇機関説撃滅
901解題(池田昭)

III 事件篇

007第一部 第一次事件関係
009 第一章 警察資料
009  第一節 皇道大本教ニ関スル件
015  第二節 皇道大本教取締ニ関スル件
016  第三節 聴取書
063  第四節 皇道大本ノ正体
065  第五節 大本教理の真髄
072 第二章 検察・裁判所資料
072  第一節 予審終結決定
074  第二節 出口王仁三郎外二名不敬及新聞紙法違反被告事件論告案
091  第三節 地裁判決書
099  第四節 控訴審判決書
102  第五節 大審院判決書
104 第三章 弁護資料
104  第一節 弁護士のために
122  第二節 上告趣意書
201第二部 第二次事件関係
203 第一章 警察資料
203  第一節 各庁府県通報
214  第二節 陸海軍関係文書(抄)
308  第三節 差押調書
322  第四節 警保局・特高資料
341 第二章 裁判所資料
341  第一節 予審終結決定
345  第二節 地裁公判速記録(出口王仁三郎)
475  第三節 地裁公判調書(諸幹部)
545  第四節 地裁判決書(抄)
558  第五節 証人訊問調(控訴審)
576  第六節 控訴審判決書
666  第七節 大審院判決書
676 第三章 弁護資料
676  第一節 地裁の上申書
680  第二節 控訴審清瀬一郎弁論速記録
727解題(池田昭)
733解説(池田昭)
巻末索引(全三巻)
プリンタ用画面
作成:2009/3/27 19:33:42   更新:2015/6/18 0:32:22   閲覧数:4283
王仁三郎ドット・ジェイピー