王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

出口王仁三郎全集 総目次

総目次は移動しました。(2015/6/18)
王仁DB
スマホ・タブレット対応
下にあるコンテンツはそのうち消滅します。

上の新しいサイトでごらん下さい。
青空文庫形式のテキストはこちら


『出口王仁三郎全集』 全八巻、万有社、昭和9年(1934年)10月15日発行

第一巻 皇道編

篇・章・題名初出
001第一篇 皇道大意『神霊界』大正9年8月1日号
003 第一章 緒論うろーDB
011 第二章 ◎の意同上
027 第三章 三種の神器
032 第四章 道
040 第五章 列聖祭祀の御詔勅
045第二篇 皇道我観
047 第一章 歴朝の大御心『神霊界』大正8年4月1日号「皇道我観」うろーDB
053 第二章 皇道の本義『神霊界』大正8年4月15日号「皇道我観(二)」うろーDB
059 第三章 神道の本義同上
063 第四章 神祇の奉斎『神霊界』大正8年4月15日号「皇道我観(三)」うろーDB
073 第五章 世界無比の神国『神霊界』大正8年5月1日号「皇道我観(四)」うろーDB
076 第六章 皇国の言語と神胤同上
079 第七章 皇国の使命『神霊界』大正8年5月1日号「皇道我観(五)」うろーDB
084 第八章 和光同塵の世同上
088 第九章 天祖の大予言『神霊界』大正8年5月1日号「皇道我観(六)」うろーDB
090 第十章 皇国の神蹟『神霊界』大正8年6月15日号「皇道我観(七)」うろーDB
097第三篇 国教論
099 第一章 国教樹立論『神霊界』大正7年3月1日号「国教樹立に就て」うろーDB・同4月15日号「国教樹立に就て(承前)」うろーDB・同5月1日号「国教樹立に就て(三)」うろーDB
134 第二章 信仰の堕落『神霊界』大正6年2月号うろーDB
144 第三章 皇国伝来の神法初出不明うろーDB
150 第四章 太古の神の因縁『神霊界』大正7年2月号うろーDB
155第四篇 日本精神の真髄
157 第一章 教育勅語謹解昭和5年10月25日
160 第二章 神示の日本魂昭和9年3月1日
163 第三章 祝詞略解初出不明、霊界物語所収
207 第四章 鎮魂と幽斎初出不明
220 第五章 古事記の事ども『神霊界』大正7年11月15日
229 第六章 大礼の意義『敷島新報』第17号(大正4年11月5日)
231 第七章 至聖殿落成所感『神霊界』大正9年9月21日号うろーDB
241第五篇 皇道と国体
243 第一章 皇道と国体『昭和』昭和8年6月号うろーDB
249 第二章 皇国の道(一)『神の国』昭和8年9月号うろーDB、(二)『このみち』第35号(明治40年7月27日)うろーDB、(三)〜(六)『直霊軍』第1号(明治42年2月15日)
276 第三章 皇道研究の趣意『直霊軍』第15号(明治43年12月10日)うろーDB
279 第四章 神国の研究『綾部新聞』青龍号(大正7年5月1日) オニド
303 第五章 神秘の国『東北日記』第8巻(昭和3年11月7日)、昭和8年10月26日・12月号うろーDB
307 第六章 現代の精神的堕落『敷島新報』第21号(大正5年1月20日)うろーDB
311 第七章 吾人の至誠『三丹新報』第196号(大正2年11月19日)うろーDB
320 第八章 皇国民の踏むべき道『神霊界』大正10年6月号、『玉の礎』七之巻うろーDB
332 第九章 皇道大本創立要旨『神霊界』大正6年1月号「大日本修斎会創立要旨」うろーDB
349 第十章 皇道維新に就て『神霊界』大正6年3月号うろーDB
377 第十一章 国威発揚『昭和』昭和8年2月号 うろーDB
382 第十二章 大道を歩む『昭和』昭和8年6月号 うろーDBうろーDB
387第六篇 愛善の真意義
389 第一章 愛善の真意義『真如の光』119号(昭和4年2月5日)うろーDB
392 第二章 伊都能売(一)『神の国』大正15年7月号、(二)同9月号、(三)同10月号、(四)同12月号、(五)同昭和2年1月号、(六)同2月号、(七)同3月号、(八)同4月号、(九)同5月号
432 第三章 人類愛善の真義『神の国』大正15年5月号
448 第四章 愛国の本義『昭和』昭和7年11月号
453 第五章 文武の日本武道宣揚会第一回総会(昭和7年11月2日)
460 第六章 挙国更生『昭和』昭和7年12月号 うろーDB
484 第七章 愛善の歌「人類愛善会歌」…『人類愛善新聞』第7号(昭和4年3月3日)、「愛善の歌」…『神の国』昭和4年5月号、「愛善の道」…『昭和』昭和8年7月号、「大東亜文化運動」…『昭和』昭和8年9月号 うろーDB
499第七篇 高天原霊界物語からの抜粋
501 第一章 玉の露63巻1章
508 第二章 神々の使命3巻1章
512 第三章 八王神の守護3巻2章
514 第四章 神界の服装2巻総説
518 第五章 正神と邪神2巻総説・3巻凡例
522 第六章 嵐の跡5巻総説
529 第七章 天地創成の言霊4巻総説
533 第八章 天孫民族の同化力42巻序
536 第九章 神州神民の天職使命10巻序歌
542 第十章 霊主体従・体主霊従52巻17章
544 第十一章 惟神の道46巻17章
549 第十二章 仁愛の真相41巻6章
562 第十三章 神愛と自愛56巻8章
565 第十四章 和合の真義47巻総説
581 第十五章 神楽舞15巻10章
585 第十六章 高天原と大神人49巻2章
595 第十七章 真と偽52巻1章
606 第十八章 愛と真47巻9章
613第八篇 瑞祥霊界物語からの抜粋
615 第一章 厳の御霊と瑞の御霊73巻総説
619 第二章 太祓73巻7章
623 第三章 国生み神生みの段73巻8章
626 第四章 水火の活動73巻12章
628 第五章 国生みの旅73巻15章
632 第六章 神皇国日本の根元74巻総説
638 第七章 禊の神事75巻1章
642 第八章 言霊の光75巻2章
647 第九章 日本精神77巻序文・78巻序文

第二巻 宗教・教育編

【宗教編】

篇・章・題名初出
003第一篇 既成宗教
003 第一章 公認教と非公認教『神霊界』大正9年9月21日うろーDB
007 第二章 宗教の害毒『神霊界』大正7年7月15日うろーDB
019 第三章 神社と教派直霊軍 明治43年5月10日
021 第四章 没落期に直面した既成宗教『神の国』昭和7年3月10日
022 第五章 反宗教運動人類愛善新聞 昭和6年6月3日
024 第六章 現代には一つも宗教なし『神の国』大正14年10月8日
027 第七章 信仰の堕落『神霊界』大正7年4月1日
035 第八章 三五教と六師外道霊界物語 57巻1章
042 第九章 仏説観物三昧経の真相霊界物語 45巻14章
049 第十章 吾人の現代観霊界物語 大正13年1月15日 & 『瑞祥新聞』 大正14年9月21日
055第二篇 新興宗教
055 第一章 新宗教を待つ『瑞祥新聞』大正14年10月1日
056 第二章 我皇国の敬神思想『このみち』大正5年4月21日
061 第三章 大祓の権威『神霊界』大正7年6月1日
069 第四章 戊申詔書『神霊界』大正7年7月15日
075 第五章 国教問答『神霊界』大正7年9月15日
085 第六章 時運と解釈敷島新報 大正3年8月15日
088 第七章 皇道大本は宇宙の表現『神の国』昭和7年3月「於宣伝使会合講話筆録」うろーDB
097 第八章 時代の要求する真神教大本『瑞祥新聞』昭和2年4月1日うろーDB
098 第九章 神仏無量寿経霊界物語 67巻5章
110 第十章 山上の神訓霊界物語 63巻4章
116 第十一章 芸術と宗教霊界物語 65巻総説
119 第十二章 指導順応『神の国』大正14年7月15日
121 第十三章 宗教と人間生活東北日記三の巻 昭和3年8月2日
126 第十四章 最後の光明霊界物語 10巻総説歌
127第三篇 宗教統一
127 第一章 宗教不要の理想へ『神の国』大正13年1月うろーDB
132 第二章 日支親善の第一歩『神の国』大正13年2月10日うろーDB
136 第三章 世界宗教統一『神の国』大正14年4月10日うろーDB
146 第四章 信仰は異なるとも『神の国』大正14年5月25日うろーDB
149第四篇 神霊世界
149 第一章 神霊界霊界物語 15巻跋文
153 第二章 現界は霊界の移写霊界物語 21巻総説
155 第三章 霊の礎霊界物語
193 第四章 中有霊界物語 47巻8章
198 第五章 精霊霊界物語 49巻9章
203 第六章 三途川と一途川霊界物語 14巻跋文
206 第七章 八衢の審判霊界物語 47巻10章
215 第八章 照魔燈霊界物語 50巻2章
219 第九章 地獄の精霊霊界物語 56巻6章
223 第十章 鷺と鴉霊界物語 63巻10章
233 第十一章 天界行霊界物語 47巻12章
245 第十二章 天国の生活霊界物語 47巻18章
258 第十三章 天国の婚姻霊界物語 49巻6章
267 第十四章 地上天国霊界物語 49巻1章
276 第十五章 公義正道霊界物語 47巻15章
282 第十六章 化相神霊界物語 47巻19章
291 第十七章 間接内流霊界物語 47巻20章
299 第十八章 相応の理霊界物語 47巻跋文その1
202 第十九章 主神の国土霊界物語 47巻跋文その2
205 第二十章 神人和合と特有性霊界物語 50巻8章
312 第二十一章 黄泉帰霊界物語 52巻9章
318 第二十二章 霊界は内面の情態霊界物語 63巻13章
322 第二十三章 人烏霊界物語 15巻19章
327 第二十四章 祖霊祭に就いて霊界物語 58巻24章
332 第二十五章 天賊霊界物語 52巻14章&15章
342 第二十六章 神霊問答昭和7年8月6日うろーDB
377第五篇 宗教と政治
377 第一章 神政復古の本義このみち 大正5年4月11日
389 第二章 歴朝の施政方針敷島新報 大正5年5月11日
406 第三章 皇位論『神霊界』大正7年4月15日
411 第四章 宗教と政治『神霊界』大正7年5月1日
417 第五章 天国と大日本国『神霊界』大正7年5月1日
422 第六章 蜻蛉の臀呫の真意義『神霊界』大正7年5月1日
426 第七章 皇道大本三大篇『神霊界』大正7年5月1日
429第六篇 宗教雑感
429 第一章 安息日霊界物語 3巻50章
433 第二章 信仰霊界物語 47巻3章
439 第三章 愛善と信真霊界物語 7巻5章
444 第四章 モノログ霊界物語 40巻
447 第五章 北光照暗霊界物語 42巻1章
454 第六章 信仰の基調霊界物語 7巻12章
461 第七章 天恵霊界物語 65巻12章
470 第八章 神の平等愛霊界物語 32巻13章
479 第九章 人生の本義霊界物語 56巻総説
482 第十章 墓場は揺籃よりも怖ろしくない『神の国』大正11年12月うろーDB
486 第十一章 永遠の生命『東北日記』四の巻 昭和3年9月3日
487 第十二章 大乗と小乗霊界物語 6巻序文
489 第十三章 神書の光霊界物語 55巻序文
494 第十四章 神秘の扉霊界物語 73巻27章
497 第十五章 霊光『東北日記』三の巻 昭和3年8月25日
499 第十六章 宗教は酒の如し『神の国』昭和6年5月うろーDB
506 第十七章 弥勒神『昭和』昭和7年8月
511 第十八章 弥勒の世『神霊界』大正9年9月21日うろーDB

【教育編】

篇・章・題名初出
527第一篇 皇道教育
527 第一章 大日本神国『神霊界』大正7年9月1日
531 第二章 皇道教育の大本『神霊界』大正7年2月1日
537 第三章 日本教育の大本『神霊界』大正7年8月1日
548 第四章 教育制度の根本革正『神霊界』大正7年11月1日「世界の経綸」より
553 第五章 喬育霊界物語 69巻3章
562 第六章 貞操論霊界物語 68巻1章
578 第七章 至善至悪霊界物語 50巻1章
589第二篇 教育雑録
589 第一章 弟橘媛命『神霊界』大正7年8月1日
593 第二章 真心の曇らひ霊界物語 74巻14章
595 第三章 女学校時代の女『東北日記』五の巻 昭和3年9月15日
598 第四章 無題録『神霊界』大正9年12 & 大正10年1月
627 第五章 愛児のために『昭和』昭和7年3月15日うろーDB

第五巻 言霊解・其他

【言霊解】

篇・章・題名初出
皇典と現代
1 〔一〕神武天皇御東征之段大正9年10月11日・東京確信会席上講演録、『神霊界』大正9年11月11日号
25 〔二〕黄泉比良坂之段大正9年11月1日午前・於五六七殿講演筆録、『霊界物語』第8巻
61 〔三〕神武天皇高佐士野行幸と神沼河耳命之段大正9年10月11日・東京確信会席上講演録、『神霊界』大正9年12月1日号
74 〔四〕美曽岐之段大正10年1月15日・講演筆録、『霊界物語』第10巻
102 〔五〕大気津比売神之段大正9年1月17日・講演筆録、『霊界物語』第11巻
122 〔六〕大蛇退治之段『神霊界』大正10年3月1日号、『霊界物語』第15巻
139 〔七〕三柱の貴の御子之段大正9年10月15日・講演筆録、『霊界物語』第12巻
152 〔八〕子生の誓之段大正9年10月15日・講演筆録、『霊界物語』第12巻
163 〔九〕天の岩戸之段大正9年10月15日・講演筆録、『霊界物語』第12巻
176 〔一〇〕天若日子之段大正9年8月24日・講演筆録、『神霊界』大正9年9月1日号
191 〔一一〕海幸山幸之段大正9年8月24日・亀岡ニテ講演筆録、『神霊界』大正9年9月11日号
日本書紀と現代
211 神武天皇御東征之段大正9年10月4日・五六七殿講演筆記、『神霊界』大正9年10月21日号
謡曲言霊録
239 〔一〕西王母『神霊界』大正10年3月号
262 〔二〕巻絹『神霊界』大正10年3月号

【随筆・其他】

篇・章・題名初出
271随筆(一)ノアの洪水と方舟『神霊界』大正8年7月15日号
276随筆(二)『神霊界』大正8年8月1日号
283随筆(三)大正8年7月26日稿、『神霊界』大正8年8月15日号
290随筆(四)大正8年9月20日稿、『神霊界』大正8年10月15日号
296随筆(五)大正8年8月8日稿、『神霊界』大正8年11月1日号
318随筆(六)大正8年10月24日稿、『神霊界』大正8年11月15日号
326随筆(七)大正8年新11月14日稿、『神霊界』大正8年12月1日号
330随筆(八)大正8年12月9日稿、『神霊界』大正8年12月15日号
337随筆(九)『神霊界』大正9年1月1日号
356随筆(一〇)大正9年1月1日稿、『神霊界』大正9年1月15日号 及び 大正9年1月10日稿、『神霊界』大正9年1月15日号
367随筆(一一)『神霊界』大正9年1月21日号
370随筆(一二)『神霊界』大正9年2月1日号
382随筆(一三)『神霊界』大正9年2月11日号
387農村座談会昭和7年7月16日、『昭和』昭和7年9月号
416日印通商断交問題と国際経済会議(座談会)『昭和』昭和8年8月号
428進退詩『神霊界』大正9年7月11日号
431昭和6年2月13日、『更生日記 二の巻』
433虫の声昭和3年9月9日、『東北日記 四の巻』
435月明誌創刊の辞昭和2年1月25日、『月明』第1号
438筆のすさび『神の国』大正15年11月号
442松の露昭和3年4月、『明光』第20号
447樺太の美観昭和3年9月1日、『東北日記 四の巻』
450惟神の大道を邁進せよ昭和8年2月4日・於信者総会、『真如の光』昭和8年2月15日号
457九月八日の仕組昭和6年10月18日(旧9月8日)於大祥殿、『真如の光』昭和6年11月5日号
463危機せまる昭和6年11月3日・於昭和青年会会旗奉戴式、『昭和』昭和7年1月号 及び 昭和8年8月4日・於鶴山山上生誕祭表賀式、『真如の光』昭和8年8月17日号
470満州問題と国際連盟昭和7年11月27日・於北海別院、『真如の光』昭和7年12月25日号
472さア!と云ふ時の備へ昭和7年10月30日、『真如の光』昭和7年11月15日号
476小異を捨てて大同につけ昭和7年1月5日・於大阪分院、『真如の光』昭和7年2月5日号
478国難は国福なり昭和7年2月5日・於弥勒殿瑞祥会第五回総会、『真如の光』昭和7年2月15日号 及び 昭和7年3月19日・昭和青年会弁論会席上、『昭和』昭和7年5月号
494日本の危機と皇道経済昭和9年4月16日、『神の国』昭和9年6月号
499日本語と国際語第二回信者総会に於いて、『真如の光』昭和8年4月15日号 及び エスペラントとローマ字の夕べに於いて、『真如の光』昭和8年4月15日号
505三位一体昭和7年2月6日・於弥勒殿開教四十周年祭、『真如の光』昭和7年2月15日号
507金輪聖王の世昭和7年8月14日・於出口聖師生誕祭、『真如の光』昭和7年8月25日号
511挙国一致昔物譚『敷島新報』大正3年9月15日号
518学者に対する痛罵『敷島新報』大正3年9月15日号
523野天狗放言『神霊界』大正7年1月1日号
531王仁偶言『神霊界』大正6年12月号 及び 大正5年5月11日、『敷島新報』第30号
533王仁謹言『神霊界』大正7年2月1日号
536昭和七年を想ふ『人類愛善新聞』昭和7年1月3日号
539聖者の涙大正11年10月20日、『霊界物語』第39巻序歌
546邦国航空界の進歩完成を促す『昭和』昭和7年7月号
547国防と国民の覚悟『昭和』昭和8年3月号
550瑞言祥語
550 物は初めが大切『瑞祥新聞』昭和2年5月11日号
551 主幹たるもののの心得『瑞祥新聞』昭和2年4月1日号
551 梅桜桃『瑞祥新聞』昭和2年5月1日号
551 藪と地震『瑞祥新聞』昭和2年5月1日号
552 龍と龍神『瑞祥新聞』昭和2年9月11日号
552 人間と龍神『瑞祥新聞』昭和2年9月11日号
553 人はラヂオ以上の能がある『瑞祥新聞』昭和2年12月11日号
554 筆弄『神の国』大正1日号4年4月号
556 御手代の由来『真如の光』大正15年6月15日号
557 天主閣の由来昭和7年8月15日、『昭和青年』昭和7年8月号
558 夢の話不明
559 智慧と証覚『神の国』大正14年1月号
560 仙人不明
561 鯉不明
561 猫不明
563 玉串『神の国』大正14年5月10日号
565 霊衣『瑞祥新聞』大正14年5月21日号
566 玉全主義大正14年6月11日号
569独り言『神霊界』大正8年10月1日号
573嗚呼歌人昭和5年7月31日、『庚午日記 七の巻』
575俳道『日月日記 三の巻』昭和4年2月23日号
578茶道『日月日記 三の巻』昭和4年2月23日号
580赤猪子の話大正9年10月15日、『神霊界』大正9年11月号
584昭和3年8月15日、『東北日記 三の巻』
589女の世界昭和4年3月15日、『日月日記 三の巻』
592処女昭和3年9月9日、『東北日記 四の巻』
593結婚昭和3年9月3日、『東北日記 四の巻』
595女房昭和3年11月7日、『東北日記 八の巻』
598美人昭和3年9月21日、『東北日記 五の巻』
601美人と化粧昭和3年9月10日、『東北日記 四の巻』
605恋愛に就て昭和3年8月15日、『東北日記 三の巻』
606人と人間昭和4年3月19日、『日月日記 三の巻』
608海月と鮟鱇昭和3年7月21日、『東北日記 一の巻』
614徒然のままに昭和3年8月5日、『東北日記 二の巻』
621吾蝿昭和3年8月10日、『東北日記 二の巻』
624神霊の活動期昭和3年8月12日、『東北日記 二の巻』
625大本神諭に就て『神霊界』大正7年7月1日号
633八面六鋒大正11年3月17日、『霊界物語』第13巻総説
655霊眼に映じたアマゾン流域大正13年1月22日、『霊界物語』第69巻第1章より
657大木の精魂大正11年9月19日、『霊界物語』第33巻第26章より
659大きい心を持て大正12年1月8日、『霊界物語』第47巻序文
661世界の危機と大偉人大正11年11月11日、『霊界物語』第42巻序文
663芸術の真諦大正12年2月18日、『霊界物語』第54巻総説
665三つの問題
665 労働問題大正11年12月15日、『霊界物語』第46巻第2章より
668 恋愛問題大正11年12月15日、『霊界物語』第46巻第2章より
670 金の問題大正11年12月16日、『霊界物語』第46巻第20章

第六巻 入蒙記・其他

入蒙記

003  入蒙記
267  【附】入蒙余録

水鏡

320  (水鏡)

月鏡

460  (月鏡)



第八巻 我が半生の記

前付001  序文

【上巻】故郷の弐拾八年

001  (『神霊界』大正10年2月号掲載「故郷乃弐拾八年」)
028  (13〜27歳の頃を回顧した歌(初出不明))

【中巻】舎身活躍(一)

175  (霊界物語第37巻)

【下巻】舎身活躍(二)

395  (霊界物語第38巻)

604  【附録】著者年譜

プリンタ用画面
作成:2012-5-13 22:43:57   更新:2015-6-18 0:31:55   閲覧数:3442
王仁三郎ドット・ジェイピー