王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。 新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

初日(19日、金曜日) - 3





午後12:25 台北の空港に到着

 台北の空港というのは厳密には桃園県にある台湾桃園国際空港のことです。
 成田空港からこの台北の空港まで約3時間半くらいかかりますが、時差がマイナス1時間あるので、10時に成田を出発すると、到着するのは日本時間で13時半頃、現地時間だと12時半頃になります。1時間過去に戻る?わけですね。
 ということで12時25分(日本時間13時25分)に無事、桃園国際空港に着陸しました。
 (ここからは時刻は台湾時間で書いていきます)

午後1:15 とりあえず空港の外に出る

 空港の中は文字が台湾語である以外は日本の空港と変わりありません。
 1時15分、すべてのチェックを済ませた後、円を台湾元(ニュー台湾ドルとも言う)に両替しました。
 私は3万円を8,238元に両替。交換レートは1円:0.2746元です。逆に言うと1元は約3.64円になります。
 手数料20元(約73円)を支払ったので残高は8,218元+17,414円です。
 両替したあと、とりあえず建物の外に出てみました。
 何か台湾らしいものはないかな・・・と春平さんが言うので辺りをキョロキョロしてみたら・・・道路に台湾の国旗がたくさん並んでいました。
 これは台湾らしい風景です。台湾を国家として承認していない日本では、台湾の国旗を掲げる機会がありませんし、そもそも日の丸の旗を道路にたくさん並べるなんてことはしませんしね。
 この国旗は通称「青天白日旗」と呼び、孫文の三民主義(民族の独立、民権の伸長、民生の安定)に由来しているそうです。(中華民国の国旗 - Wikipedia

午後1:35 第2ターミナルへ移動

 大阪出発組は4人。埴安の景(はにやすのかげ)さん、登美野晴月(とみのせいげつ)さん、タケシさん、そして今回唯一の女性の小さん、の4名です。
 大阪組は東京組より2〜3時間遅れて到着するので、それまで待たなくていけません。

 スカイトレインと呼ばれる成田のシャトルみたいな乗り物で第2ターミナルから第1ターミナルへ移動。
 ここであべちゃんがレンタル携帯電話を借りようとしましたが、お金がかかるのでやめました。
 あべちゃんのケータイは国際ローミング不可能な機種のため、成田空港内のSoftBankで国際ローミングできる機種を借りる予定だったのです。
 しかし時間が迫っていたので台北で借りようということになり、実際に台北に着いてみると保証金などでかなりのお金が必要なので、借りるのをやめたのです。
 ケータイは要らない、どうせみんなと一緒に行動するんだから……そう考えて、台湾で使えるケータイを持ってこなかった人が全9人中4人いましたが、その考えはあべちゃんのような単独行動の多い人間には適用してはいけなかったのです。
 ケータイを持っていたら「あべちゃん失踪事件」は起きなかったことでしょう。

午後3:00 空港で食事

 第1ターミナルの待合所でしばらくボケ〜と待ってましたが、お腹が空いたので、上の階にあるレストラン街で食事をすることにしました。
 私はビールと野菜カレーを注文しました。
 ビール120元(約437円)、カレー180元(約655円)、合計300元。
 ぶつ切りにした野菜をスパイスの薄いスープに浸しただけ……空港のレストランは値段が高いだけで味は最低です。
 残高7,918元。

午後4:40 大阪組と合流してバスに乗る

 食事を終えてのんびり休憩していると、埴安の景さんから春平さんに空港に到着したとのメールが入りました。
 バスがもうすぐ出るからバス停で待ち合わせしようということで、東京組5人は急いで下の階に。
 明日の日月潭(じつげつたん)参拝に備え、今夜は台中(タイチュウ)まで直行バスで行き、そこで泊まる予定です。
 バス停で大阪組4人と合流。合計9名は挨拶する間もなくバスに乗り込み、台中に向けて出発!
 バス賃270元(約983円)。残高7,648元。
 バスは横3列の豪華ゆったりシートでした。

日月潭の資料を配付

 空港から台中まで3時間くらいとのことですが、夕方の帰宅ラッシュで渋滞しているのでもっとかかりそうです。
 車内で明日の日月潭の資料をみんなに配りました。日月潭のことをよく知らない人もいるでしょうから、簡単なマメ知識的な資料を作って来たのです。

午後8:14 ホテルに到着

 7時過ぎに台中市内に入りました。
 ホテルは台中の駅前にありますが、渋滞がひどいためまだまだ時間がかかりそうです。
 台湾の道路の特徴(1)日本と逆の右側通行の左ハンドル (2)自転車はほとんど使われずスクーターがとても多い。

 8時頃バスを降り、台中の市内を見物しながら駅へ徒歩で移動。
 8時14分、台中駅前のホテル「富春大飯店」に到着しました。
 宿代700元(約2,548円)。
 駅の真ん前にあるホテルですが値段は高くありません。経費節約のため安い宿にしたのです。
 残高6,948元。
私の部屋は台中駅の目の前。小さな駅だが人と車で夜遅くまで大混雑。

午後9:05 夕食を食べる


 一息ついてから、8時半に夕食を食べにみんなでホテルを出ました。
 駅前商店街のような通りを歩いて行きますが、ほとんどの店は閉じています。駅の反対側の方が栄えており、こちら側はさほどではないそうです。
 しばらく歩いて、日本語でメニューの書かれている鍋屋さんに入りました。
 店内はずいぶん小ぎれいです。日本人客向けなのかも知れません。客はまばらでしたが、昼間ならもっとたくさん来るのでしょう。
 私は「かきはまぐり鍋」240元(約874円)を頼みました。
 かきとはまぐりが超大量に入っています。日本だったら1500円くらい?はするでしょう。
 他に1本40元のビールを2本飲んだので、食事代は計320元(約1,165円)。
 残高は6,628元です。

午後11:30 ホテルに戻る

 市内をプラプラしながら11時半にホテルに戻りました。
 他の人はまた出掛けたようですが、私はコンビニで買ってきた酒を飲みつつ、もう寝ます。
 明日は朝5時出発。みんな起きられるかな?
 酒とつまみとペットボトルのお茶など、128元(約466円)、袋は別途1元。
 残高6,499元。

(作成:2007/10/24)
プリンタ用画面
作成:2009/3/20 14:46:20   更新:2009/3/20 17:35:24   閲覧数:2206
王仁三郎ドット・ジェイピー