王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

二日目(20日、土曜日) - 5


午後1:00 台北のホテルに到着

 12時25分、新幹線は台北駅に到着。
 MRT(地下鉄)に乗って「劍潭」駅で降り、少し歩いて1時にホテルに到着しました。
 部屋数が少ないので、9人それぞれグレードの異なる部屋が割り当てられ、私の部屋は700元。
 部屋番号が「311」なので当然3階だろうと思い探しましたが11号室がありません。尋ねたらナント4階にあるとのこと。
 「4」は凶数で使わないらしいです。日本でも「4号室」は無かったりしますが、しかし「4階」を無くして3階の続きにしてしまうとは・・・!
 かなりのカルチャーショックでした。
 MRTの運賃20元。残高3,879元。

午後1:50 屋台で昼食を食べる

 1時半にみんなでホテルを出て昼食を食べに。
 目指すは劍潭駅前の「士林臨時市場」という屋台街です。
 常設しているので屋台とは言えないかも知れません。建物の中に無数の飲食店がありますが、小ぎれいな店は一つもなく、すべて屋台風の?お店です。

 各自好きな店に入って好きなものを食べることに。
 私はビーフンとイカを煮たやつを頼みました。両方で80元(約291円)。
 あべちゃんと岩さんはビーフンとお好み焼き?みたいなやつを頼みました。
 写真を見ると分かるように、皿をビニールの小袋で包んでいます。
 何ですか〜〜、これは???
 要するに洗わないでいいようにビニールに皿を入れているわけですね。
 合理主義なのか? 面倒臭いからなのか?
 よく分かりませんが、こんなところに“台流”を感じたのでありました。
 ちなみにビーフンの皿は使い捨てのもの、箸は割り箸です。


 その後3人でデザートを食べに行きました。
 今日本でも流行の(流行らしい)台湾かき氷です。
 綿アメのように細かく砕いた氷の上にフルーツと練乳がたっぷり乗っています。
 かき氷といっても、食べて頭にツーンとくることはなく、とても食べやすいです。
 しかしご飯を食べた後にこれを1人で食べるのはちょっとキツイかな?
 フルーツがたくさん乗っているので、ご飯を食べずにこれだけで食事を済ませてもよさそうです。
 値段は100元(約364円)。残高3,699元。

午後3:30 タイペイ101に到着

 食事の後はタクシーに分乗して、世界で二番目に高いビル「タイペイ101」に行きました。
 地上101階、高さ508メートルのこのビルは、2004年に世界一高いビルとして完成しましたが、2007年8月にアラブにドバイ市に建設中の「ブルジュ・ドバイ」に高さを追い越されてしまいました。
 高けりゃいいというもんではありませんが、竹をイメージした?その容姿はなかなかステキです。
 タクシー代はいくらだったか忘れました。^_^;

 3時50分、ショッピング組と展望台組の二手に分かれました。
 私はあべちゃん、登美野さんと共に89階の展望台に行くことに。
 5階に展望台行きのエレベーター乗り場があるんですが、長い待ち行列が出来ていました。
 350元(約1,274円)払って入場券を買い、行列に並びました。待っている人の中には地元の台湾人はもとより、日本人、白人、アラブ系もいればアフリカ系もいます。台北の有名な観光名所になっているようです。
 何回か待ってエレベーターに乗ったら、あっという間に89階へ到着。
 最速60km/hの速さで、わずか37秒で登ってしまうそうです。
 動き出すとエレベーターの室内が暗くなり、天上に星空が輝くという演出で、その時間さえも忘れさせてくれます。


午後4:25 更に上に行く

 89階で見た風景は絶景でした。東西南北、すべて見て回り、さて帰ろうかというときになって91階が屋外展望台になっていることが判明。
 これは行くっきゃない!
 ということでさらに100元払って上へ。
 ここから上は階段です。残高は3,249元〜〜

(作成:2007/10/25)
プリンタ用画面
作成:2009-3-20 15:38:47   更新:2009-3-20 15:41:25   閲覧数:1558
王仁三郎ドット・ジェイピー