王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。 新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

二日目(20日、土曜日) - 6


地上400メートルから見た台北の街

 89階と91階で撮った写真を入り混ぜながら、台北市街と周辺の風景をお見せします。
 89階で撮った写真はガラス窓の色で青みがかかっています。

 市内の風景。北の方。箱庭みたいです。
 中央遠くに見える頭がデコボコの山が、明日、台湾別院跡を捜す際の目印となる七星山。
 下を見下ろすと……意外にも車やオートバイ、人間までもが、蚤より小さいながらも、動いているのがよく見えました。
 左下の黄金の屋根の建物が、次に行く国父紀念館。
 市内の風景。南西の方。正面に見えるのは観音山。王仁三郎の台湾巡教の歌にも時々出て来ます。
 市内の風景。南の方。
 ほぼ真東。中央遠くに見える角のような山は基隆山。標高588メートル。
 あの山の手前に、霊界物語にも登場する基隆(キールン、きりゅう)の港があります。
 基隆別院跡の捜索は今回は行いません。次回以降のお楽しみ。
 これがタイペイ101の最頂部だ!
 月と飛行機。

火を噴くタイペイ101

 89階に展示してあった写真です。
 大晦日の夜、日本では除夜の鐘の音が響いている頃、台北ではタイペイ101が花火の火花で覆われます。
 こういうところは、台湾のチャイニーズな部分です。

午後6:00 夜のタイペイ101

 5時、1階に降りてショッピング組と合流。のんびり歩きながら国父紀念館に向かいます。
 ピンク色にライトアップされたタイペイ101。日本では見られない色使いです。
 このあと一行9名は現地の人と交流会。男女10名が参加し合計19名で“日式”レストランに行って食事をしました。
 10時半頃に解散。食事代1,000元。
 ホテルに戻ったのは11時20分。
 その後、他の8人は夜の町に遊びに出たようですが、私はコンビニで酒を買って部屋で飲んで寝ることに。
 MRTの運賃30元。酒その他で57元。残高2,162元。
 明日は7時半にロビーに集合して台湾別院があった陽明山(旧称・草山)に向かいます。

(作成:2007/10/25)
プリンタ用画面
作成:2009/3/20 15:42:40   更新:2009/3/20 15:44:48   閲覧数:1681
王仁三郎ドット・ジェイピー