王仁三郎ドット・ジェイピー
ここはオニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)の旧サイトです。 新サイトはこちら → http://www.onisavulo.jp/

三日目(21日、日曜日) - 2


午前8:25 霊泉郷の石碑を発見!

 運転手任せではとんでもない場所に着いてしまいそうです。
 私は地図と周りの風景とをキョロキョロ見比べながら、福寿橋を見落とさないようにしっかり探しました。
 タクシーは急カーブを右に左に曲がり──と、そのときです。カーブを曲がったすぐ左の路上に、「霊泉郷」と朱塗りした石碑が建っているのが目に飛び込んで来ました。
 「ここ、ここ! ストップ!ストップ!」
 私は大声を出して車を止めてもらいました。
 さすがにこの朱色の文字は、みんな気が付いたようです。
 3台のタクシーは停まり、一行9名は次々と降りてきて石碑の周りを取り囲みました。
 まるで私たちが来るのを待っていてくれたかのように顔をこちらに向けて立っていた霊泉郷の石碑──。
 これはまさしく、王仁三郎の文字に違いありません。


午前9:33 白龍の滝を発見!

 霊泉郷の石碑の横に大きな家がありました。そこがおそらく昔の霊泉郷だったのでしょう。
 しかし門が固く閉ざされてあり、中には入れそうにありません。
 「そうだ、滝があるはず…」
 私は思い出しました。
 福寿橋は小川の上に架かっており、そこに小さな滝が落ちているらしいのです。
 台湾別院に宿泊している最中に王仁三郎は度々ここ霊泉郷を訪れ、温泉にひたっていました。
 そこで何首も歌を詠んでいるんですが、その中に次の歌があります。※1

   向う岸のすがしき飛瀑に白龍はくりうの滝と今日より命名を為す

 この「白龍の滝」がこの近くにあるはずです。
 私は橋の方へ駆けて行きました。
 ありました! 滝の飛瀑の音とともに小さな美しい滝が目に飛び込んで来ました。
 硫黄を含んだ鉱泉が流れ落ちているらしく、水は白濁し、滝の周囲は硫黄色?に染まっています。
 温泉地で見かける滝のパターンです。
 王仁三郎は温泉にひたりながら、この滝の音を聞いていたのです。

 では皆様に、王仁三郎命名「白龍の滝」の音をお聞かせしましょう!

「白龍の滝」の音 (MP3、4秒)

ここをクリックしてダウンロードして再生して下さい


 う〜〜ん、なんてステキな滝の音なんでしょうか! 身も心も安らぐようです・・・ていうか、ただの雑音にしか聞こえませんね。(^◇^;)

午前8:37 あべちゃん、失踪

 石碑の前で記念撮影をして、約1キロほど戻った所にある台湾別院跡の捜索へと向かうことにします。
 車の往来の激しい道路の端を、車に注意しながら歩き出すと、誰かが、
 「あべちゃんがいない」
 とつぶやきました。
 ああ一体、今回の旅の間にこのセリフを何回聞いたことでしょうか!
 しかしいなくなっても、しばらくするとまた姿を現わします。いい年した大人なんですから、そう心配する必要もないでしょう。
 さっき撮った記念写真も、あべちゃんがいないことは知っていましたが、来るのを待っていたら先に進めないので、さっさと撮ってしまったのです。
 道は一本しかありません。迷子になることはないでしょう。
 さほど気にもとめずに、吾々一行は先に歩いて行ったのでした。
 しかしこんなに長い時間、失踪することになるとは……

午前8:51 別院跡第2候補地に到着

 台湾はアメリカ同様、右側通行です。
 日本とは感覚が違うので、道路を歩くときは車に引かれないよう、注意が必要です。
 歩道のない道路を車に気をつけながら、15分ほど歩いて戻って来ました。
 山間部ですから道は平坦ではなく、ゆるやかな坂道になっています。
 台湾別院のあった場所が高台になっており、霊泉郷側は低くなっています。


 前のページで説明しましたが、下のGoogleアースの衛星写真で、緑の線の右側(東側)の空地部分に台湾別院があった可能性が高いです。(Googleマップ
 しかし左側の部分にあった可能性も否定できないので、右側を第1候補、左側を第2候補にしました。
 写真の上側方向に霊泉郷があり、青い線が歩いて来たルートです(下の左の写真)。
 道路を歩いて判明したことは、黄色い部分が高台で高く崖になっており、逆に赤い部分は低く、谷になっているということです(下の右の写真)。
 つまり黄色い部分からは第1候補地内に入れないので、第2候補地から捜索することにしました。
 気になるのは左隅にある大きな建物です。L字型に折れ曲がっていますが、長辺は150メートルもあります。
 影の長さから推測すると、4〜5階はありそうな高い建物です。
 一体何の建物でしょうか? 学校? 官公庁?
 さて、ようやく建物が見えて来ました。一体何の建物……?
※1…『台湾現地研修会資料』P52

(作成:2007/10/26)
プリンタ用画面
作成:2009/3/20 15:51:32   更新:2015/12/21 4:23:39   閲覧数:1784
王仁三郎ドット・ジェイピー